Freewheeling Cat

資格のことやダイエット、投資のこと、読んだ本のことなど、IT企業のエンジニアとして勤務する傍らいろんなことに挑戦していく様を記録にのこしていきます。Freewheeling Cat=自由気ままの猫

MENU

保険の窓口行って生命保険と医療保険の話してきました!!


スポンサードリンク

この前保険の窓口行ってきました。

f:id:yynet01:20160703203454j:plain

http://www.hokennomadoguchi.com/

 

そろそろ本気でお金について考えなくてはと思って、

姉と一緒に保険の窓口でお話聞いてきました。

 

私ももうすぐ30歳…。

考えるの遅くない?って言われたらそれまでですが、

今からでも遅くはないかと。

 

そもそも保険に入る必要性を今まで全く考えていませんでしたが、

去年身内に不幸が続いた際に改めて考える必要性があると感じました。

 

保険に入るメリット

当然ですが、メリットがなのに保険に入る人はいないわけですね。

なぜ保険に入るのか?

それは「何かあった時の為」にです。

 

自分に以下のようなことがあった時

・死亡したとき

・病気、けがをしたとき

 

金銭的に助けてくれるのが保険です。

 

自分が死んだ時にお金が入るなんて…自分で使えないから入る必要ないでしょ!!

って考えてました。

 

でも実際は残された家族は自分が死んでしまったことでかなりのお金がかかります。

これは結婚してなくても同じです。家族や親族にはお金がかかってしまうんです。

 

・葬儀代

・入院費

・墓代

・一人暮らしだったら部屋を引き払うお金

 

結婚していない人でもこれだけの項目にお金がかかってしまいます。

特に葬儀とお墓は合わせると300万ぐらいかかることもあります。

 

残された人のためにお金を残しといてあげる必要があるなって思います。

 

医療保険も同じ考えです。

いざ病気になって働けなくなったときにお金もらえる方がいいですよねって話。

 

デメリット

もちろん「お金」でしょう。

いざというときのために保険が適用されるようにお金を払わないといけません。

 

また、医療保険に関しては「死ぬまで病気にならない」可能性もあります。

 

そこをムダだな。って思うかどうかは個人の自由です。

 

ただ、医療保険は若いうちに入っとく方がいいです。

歳をとるとそれだけけがや病気をしやすくなるので、保険料が高くなってしまいます。

 

 

結論

この前話を聞いて改めて保険って大事だなって思ったからブログに書きました。

詳しくはまた時間のある時に書きますが、

いざというときに困るのが自分だけでも大変です。

家族が亡くなった時にちゃんと葬儀をあげてあげたくてもお金がなくてできない。

なんてことも今は当たり前のようにあります。(直送ってやつです)

 

直送でも20 ~30万ぐらいかかりますが。。

自分の葬式代ぐらいはちゃんと家族に残してあげようって思った今日この頃です。

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。